元アナウンサーが自宅録音に挑戦!宅録ノウハウや仕事探しを紹介します。 

アナウンサーになりたい、ふつうの女の子へ

どうすればアナウンサーになれるの?

    女の子の憧れの職業 アナウンサー

 かっこよくニュースを読みたい!

 

f:id:forestside:20190513190459j:plain

 

 テレビで見る女子アナのみなさんは

 きれいで、スタイルも良く、頭が良くて、

 しかもバイリンガルの方も!

 

 ふつうの人は正直なれません

 

 しかし、ごくごくふつうの私が

 ローカル局のテレビではありますが、

 夕方のニュース番組のキャスターまで

 たどりつけました!

 

 アナウンサーという職業につきたいけど

 具体的にどうすればいいのだろう?

 って思っている方に

 私がたどった道をふり返ってみます

 

 でも長くなりそうなので

 要点だけ知りたいという方に

 

  現在、高校生・大学生で

  テレビ・ラジオでニュースを読みたい!!方は

  • できれば大卒を目指す(放送局に就職でなければ高卒大丈夫)
  • 全国の放送局を受けてみる
  • オンエアのオーディションに声がかかるタレント事務所に所属する
  • 特技を身につける(フリートークや面接でPR材料です)
  • みんながへえ!って驚くような経験をしておく(フリートークや面接でPR材料です)

 

    現在 OLさんや局アナを目指してない方は とりあえず

(アナウンサーや司会業など声の仕事をメインに派遣している)事務所に

 所属することです

 そこではレッスンも行っていたりするので

 積極的に参加して、いろんな人とつながっていくといいと思います

  

 ふつうな私がアナウンサーになるまで

 ここからは 私がたどってきた道をふり返っていくので 

 興味があれば 読んでもらえるとうれしいです

 

 ふつうな私と書きましたが どちらかというと

 第一印象 あまり目立たない感じで

 スタイルも下半身デブな感じです(涙)

 

 こんな私が ローカルのテレビ局の夕方メインの

 報道番組のアナウンサーとしてオンエアすることができました!

   

 これくらいふつうに私がローカル局とはいえ、

 テレビのアナウンサーを経験できたことは

 奇跡なのか?それとも、ふつうの人も夢を叶えられるのか?

 

 では どうやって ローカルテレビの夕方のアナウンサーまで

 たどり着けたのか 振り返ってみます

 

 声を出すこととの出会いは

 中学校の演劇部

 なぜ 演劇部に入部したかというと1年生歓迎会での劇が

 とても質が高くて すごい!と思ったことでした

 ここで ステージに立つことの楽しさを知ったのでした

 

 高校に入って 高校での演劇部は

 私が思っている雰囲気と違っていたので

 放送部に入部

 ここで 高校生の放送コンテストと

 いうものがあるのですが 全国大会を目指して朗読部門で出場

 

 審査員もする先生に私の朗読を事前に聞いて頂いた時に

 『有望だ』と めちゃくちゃ嬉しいコメントを

 頂き有頂天に

 そして本番当日 予選をトップで勝ち上がり

 本選に。。。。。。。上位に入れば

 夢の東京全国大会出場(当時は関西在住)

 

 ここで あまりに気負いすぎ

 感情たっぷりに時間をかけまくりやりすぎ

 落選 

 

 悔しくて 悔しくて 悔しくて

 

 この経験が 絶対アナウンサーになってやる!

 という決意をさせることに

 

 高校を卒業して 京都の短大へ入学

 が!しかし 地方のテレビ局かラジオ局に

 アナウンサーとして入りたい!と思って資格を

 調べると 大卒

 短大卒では その資格がない!

 

 短大を入学と同時に 4年制大学への編入を視野に

 単位を取りまくることにした

 

 そして 短大1年生の7月から

 アナウンサー養成専門学校へ入学

 2年間夜間に週二回通う

 

 余談ですが

 その時に出会った友達が

 その後 東京でレポーターとして大活躍

 活躍する姿がキラキラしていて とても嬉しかった

 誰でもが知っているリポーター達と

 一緒にお仕事していたのです

 すごいです

 

 話は戻って 専門学校を2年で修了し

 その専門学校が斡旋している

 大阪の地下街でのアナウンス業務の仕事を

 いただけることになった!

 

 これが プロとしてのデビュー

 アナウンスをしてお金を頂くのです

 勤務は12時から20時まで

 休憩は1時間

 畳1畳ほどの小さなブースに

 たった一人こもってのお仕事でした

 5分から10分おきに 

 「ようこそ お越しいただき ありがとうございます」

 のようなアナウンスをしたり

 迷子や落し物があれば 対応していました

 

 そうこうしているうちに 

 短大を卒業 4年制大学への編入試験も

 無事 合格し 局アナの入社試験を受けるための

 資格も得られることになりました

 

 そして 臨んだ就職活動

 夢の局アナ!を目指し 出陣!!

 

 全国の放送局のアナウンサー募集を追い求め

 南は沖縄 北は青森まで 

 テレビにラジオ、FM局までアナウンサー職を求めて

 履歴書を送り 現地まで

 

 貧乏学生だったので 夜行バスやら夜行電車やら

 できる限り安く現地まで赴き 面接

 一体いくらかかったんだろう?

 

 20社から30社くらい受けたかなあ

 

 はい!すべて落選です

 

 あるラジオ局で 最終審査での出来事

(私は最終までいってませんよ 最終に残った友人談)

 

 最終審査に残ったとってもかわいい女の子

 そのテストのラストで 原稿を読み終えた女の子が

 審査員に向かって にっこり笑顔を向けたらしい

 

 その瞬間、審査員から『かわいい〜〜〜』と

 と 思わす 声が出たのを 友人が聞いたそうです

 受かったのは もちろん その笑顔がかわいかった女の子

 

 もう一度言います テレビではなくラジオでした!

 

 そういう世界なんですよね

 容姿端麗でないと やっぱり厳しい

 何か光るものを持ってないと やっぱり厳しい

 フリートークが超絶うまいとか

 びっくりする特技を持ってるとか

 頭がめちゃくちゃ良いとか

 バイリンガルとか

 

 私は ごく普通の女子学生でした

 特技もありません

 専門学校に通っていたので

 多少原稿を読めるくらい

 フリートークは大の苦手だったし

 

 その年の全国各地のテレビ局 ラジオ局での

 アナウンサー職採用試験に

 すべて落ちました

 

 甘くはなかった

 

 が しかし ここで

 実家のある地元のラジオ局で久しぶりの

 アナウンサー採用試験があって

(地方局では毎年アナウンサー採用試験はありません)

 もちろん 受験し→落選

 

 その時に その局のメインのアナウンサーに

 『あなたには華がなかったから』と理由を

 聞かされて さらにさらにショックを受けました

 理由を教えてもらえたのは

 通っていた専門学校の講師として

 そのラジオ局のアナウンサーが来られていて

 面識があったからです

 

 が 地元ということで 採用試験には落選したけれど

 朝の番組の街角インタビューのリポーターを

 やってみませんか?というお話を頂くことに

 なったのです!!!

 

 月から金の帯の番組です 朝の2時間半の番組で私の出番は2回 

 1回目は 街に出て その日のテーマに合わせて街の人にインタビュー

 2回目は とアンケートをとってその結果をお話するというものでした

 

 初の夢のオンエア

 23歳の時でした

 

 どこのタレント事務所にも所属せず

 ゲットしたお仕事

 

 でも その時の私は

 はっきり言って 世間知らず

   フリートークも下手くそ

 街の人にインタビューするって

 とっても難しい

 その番組の担当ディレクターとの相性も最悪

 半年で降板させられてしまいました

 

 が ここで 捨てる神あれば拾う神あり

 週1回ですが 日曜日のスポーツニュースの

 アシスタントのお話を頂きました

 ニュースです

 やりたかったニュース番組

 ニュースを読める!

 ニュース 初オンエア

 

 この時点でも まだ 全くのフリー状態でした

 タレント事務所を探すべきでしたが

 週1回のオンエアと平日は普通にアルバイトをしていました。

 そのアルバイトは 104の番号案内

 なんとか 声のお仕事していました。

 

 1年ラジオでのオンエアのお仕事をして

 継続のお話も頂いたにもかかわらず

 私は ここで 簡単に このお仕事を

 手放してしまいました

 

 さあ ここからが大変でした

 って ここまでも大変でしたけど

 

 タレント事務所を探さなければ!

 

 あまりよく調べもせず 在住している

 市内にあった事務所を訪ねてみました

 

 本来はオンエアしたいのなら

 オンエアのオーディションの話がくる事務所を

 探すべきところを

 私は ブライダルの司会の事務所に

 行ってしまいました

 

 この時点でブライダルの司会の経験ゼロです

 ところが その事務所では

 急ぎ 温泉娯楽施設にあるステージで

 行われるイベントの

 司会者を探していたらしく 

 面接してすぐに その施設に見学に行って

 そこの先輩に話を聞くようにと

 面接してすぐの私に言うのです

 

 まあ よくわからないけど とりあえず

 行ってみようと 指定された日に

 その施設を訪れました

 

 そこにいたのは 私より5つほど年上の

 ブライダル司会のベテランの方でした

 

 その施設にあるステージでは

 温泉を訪れた人が 飲んだり食べたりしながら

 ステージを楽しむというもので

 

 土日には大物演歌歌手が来たり

(私が実際お会いしたのは

 八代亜紀さん 村田英雄さんなど)

 平日には中国雑技団が公演したり

 1日3回のショーの司会進行というのがお仕事でした

 

 ステージに立って司会進行はしたことがなかったのですが

 演劇部でステージに立ったことがあったことと

 原稿を読むことはできたので

 

 漠然と 自分の中で

 この仕事 できる!と いう自信のような

 ものが湧き上がってきたのを覚えています

 

 その先輩の前で

 こんな感じですかと やってみました

 

 そうしたら 私のことを

 やれそうだと思ってくれたらしく

 採用となり その先輩と私の二人が

 交代で司会を担当することになりました

 

 あとでその先輩に教えてもらったのですが

 事務所は その先輩を信頼していたらしく

 先輩がOKを出したので

 私の採用が決まったそうです

 

 私が行く前に 何人もの人が

 事務所からやって来たそうなんですが

 できそうな人は 一人もおらず

 私にも まったく 期待していなかったと

 聞かされました

 

 このステージでのお仕事

 本当に楽しかった!

 

 ステージを成功させるために

 出演者はもちろん 音響さん 照明さん

 緞帳の間合い

 そして司会がピタッとマッチしたとき

 素晴らしい瞬間を作り出せるのです

 その刹那的なもの

 夢の時間 空間 空気感が

 私は大好きでした

 

 このお仕事で

 司会進行のノウハウを実践で 学ばせて頂きました

 

 事務所を訪ねた時に

 もし ブライダルの司会のための

 練習からスタートしてと言われていたら

 

 私の人生は まったく違っていました

 このステージの司会という仕事

 そして 仕事を通じて出会った人たちとのご縁で

 今の私がいるかと思うと 

 とても不思議なご縁 奇跡の出会いでした

 

 このお仕事での楽しみは

 ステージとステージの間の休憩時間に

 お風呂に入れること!

 これは 役得でした

 

 さて この後ですが

 その事務所は ブライダルがメインだったので

 このステージでの司会のお仕事が

 終わってしまうと同時に

 その事務所とのご縁は切れてしまいました

 

 そして この時点で

 ラジオ局のリポーター

 ラジオ局のアナウンサー

 ステージでの司会

 という立派な???経歴を引っさげ

 

 オンエアのオーディションの話があり

 なおかつ人数少なめな事務所を探し、面接、

 所属が決まりました

 

 そして、所属後 1年くらいして

 所属事務所から派遣していた

 某テレビ局の契約アナウンサーの方が

 辞めたいということで

 その後任として 社長が 私一人を連れて

 そのテレビ局の面接に行ってくれたのです!

 

 ここでラッキーだったことは

 普通なら いくつものタレント事務所に

 声をかけ オーディションを行うところ

 おそらく局側が 多忙だったため

 他の事務所に声をかけず

 そのまま後任をと 話を

 ふってくれたこと

 

 もう1つ

 なぜか 社長は 私一人だけを連れて

 行ってくれたこと

 大きな事務所なら 絶対 複数連れて行きます

 

 そして これは

 後から 局の人に聞いたのですが

 事務所が後任候補を連れて行くと

 約束していた日 

 なんと局の部長は それをすっかり忘れて

 出張に出ており

 代理の平の社員さんが

 私の対応をしてくれたのだと

 どうしていいかわからなかったから

 とりあえず 原稿読んでみて!と言ったらしい

 

 普通にソファに座って

 ニュース原稿を読んだことは覚えている

 

 普通に?原稿を読んだので

 部長に 後任は 私で大丈夫だと

 話したらしい

 めちゃくちゃいい加減

 

 ん〜〜〜振り返ってみると

 かなりラッキーだったとしか言えないかも

 運も実力のうち?

 

 ということで

 念願のテレビでのニュースキャスターに

 なれませんでした

 

 まだなんです

 

 なぜ 後任探しが大変だったかというと

 ローカル局なので予算がありません

 

 局のアナウンサーは すでに3人

 いらっしゃいました

 何が欲しかったかというと

 記者 ディレクターが 必要だったのです

 

 入ってやった仕事は

 カメラマンと現場に行って

 取材して ニュース原稿を書くこと!

 でした

 

 修行と思い 半年ほど

 記者の仕事を頑張っていたところ

 やっと アナウンサーデビューの許可が!

 

 もちろん テレビのアナウンサーなんて

 初めてです

 局アナさんから 前日に簡単にですが

 ノウハウを教えて頂き いざ本番へ

 

 緊張しましたが なんとか

 乗り切り 局長さんからも

 初めてなのに大したもんだと

 声をかけて頂いて 

 なんとか合格点は頂けました

 

f:id:forestside:20190513193659j:plain

 27歳で 

 夢のテレビの夕方メインのニュース番組で

 アナウンサーの仕事をゲットできたのでした

 

 報道特番の日 たまたま

 アナウンサーのシフトが私だったので

 メインを務めさせてもらって

 『現場の◯◯さん!』なんていう

 呼びかけることもさせて頂きました

 

 選挙特番では

 選挙事務所にリポーターとして赴き

 中継させて頂きました

 想定外というか 

 私が これまた たまたまなんですが

 担当した候補者が

 全国的に注目されていた方で

 他局の記者の方が10人くらいつめかけていて

 でもローカルなので リポーターは

 私だけ

 マイクを何本も束ねたものを持たされ

 当選するはずが、落選してしまった

 候補者にインタビューするという

 大役をすることに。

 束ねたマイクが あまりに重くて

 そのインパクトが強く残ってます

 

 いろんな経験をさせて頂いて感謝しています

 

 こんな感じで ふつうな私が

 アナウンサーとして活動することができたのでした