元アナウンサーが自宅録音に挑戦!宅録ノウハウや仕事探しを紹介します。 

ココナラcoconalaデビュー

ココナラに出品して見ました

 

coconala.com

 

クラウドワークスやランサーズの単価があまりにも安くて

なんとかならないだろうかと思い coconalaへの出品をしてみました

 

どれくらい単価が違うかというと

クラウドワークスやランサーズは だいたい

1000文字から3000文字くらい(ものすごい幅があっても)

200円から300円

高くても500円くらいです!

 

で!coconalaは どうかというと

ピンキリなんですが

一番安く設定されている方で 1文字1円くらい

1000文字1000円なんです

 

1文字2円の方もいて

それだと

1000文字2000円ですね

 

私が 今 請け負ってる案件のケースで言うと

クラウドワークスやランサーズで一番多い文字数は

だいたい1500文字  これは時間にして5分

作業時間は1時間程度です

 

1500文字を300円で ナレーションしています

 

同じ条件で coconalaでは最低金額で

1500文字なら1500円

 

この1500文字1500円も かなり安い報酬です

 

ということは 1500文字300円がいかに安いか

価格破壊なのか

確かにYouTubeなので 継続案件が多いことは利点ですが

 

それにしても 安すぎなのではないだろうか?

 

ということで coconalaへの出品を決意したわけです

 

coconalaには 以前から出品したいと思ってはいたのですが

クライアントさんに聞いて頂くための

サンプルボイスが必要になってくるのですが

これが ネックでした

 

クラウドワークスやランサーズでは

mp3やwavのファイル形式でサンプルを作り

それを添付して聞いて頂いていたのです

 

が!しかし!

coconalaでは

それをYouTubeにあげて アクセスしてもらって聞いて

もらわなければなりません

 

このYouTubeに 声をアップロードするためには

動画を作成しなくては いけないのです

 

ユーチューバーって ほんとに偉大だ!

と感心してしまいます

 

ただ 動画といっても

声を聞いて頂ければよいので

静止画像を準備して それに これまでに作成している

サンプルボイスをのっければいいのですが

 

ムムム

 

まず静止画像は

coconalaでナレーションを出品されている方を

参考にさせて頂き

 

もりりん サンプルボイス

というタイトルをつけたjpg画像を作成

 

私のPCは Macintoshなので

iMoveがそのまま使えました

 

ファイル(画像)を取り込んで

サンプルボイスも取り込んで

サンプルボイスの尺に合わせて 画像を引っ張っていく

(1枚の静止画像を音の長さに合わせて複数コピーする感じ)

そんな感じで なんとか かんとか

簡単なものを作ることができました

 

それを書き出して(これもかなり苦戦しました)

mp4という形式のファイルができました

 

それを YouTubeにアップロードすればOK

 

ナレーションだけを練習して、あとは

スタジオで録音すればOKだったものが

 

宅録音で仕事をしていこうとすると

宅録音の機材 編集方法 サンプルボイスの作り方

動画(静止画に声を入れる)を作成しYouTubeにアップロード

フリーのBGM探し 画像作成 などなどなど

 

いろんなことをクリアしていかなければならないんですね

 

なかなかハードルが高いです

 

でも なんとかcoconalaへの出品が完了

 

出品してすぐ5人の方がお気に入りにして下さったのには

びっくりでした

嬉しいです

 

coconalaを通したお仕事ができるように頑張ろう!