元アナウンサーが自宅録音に挑戦!宅録ノウハウや仕事探しを紹介します。 

自宅録音の敵

宅録音の敵=騒音

 

宅録をしようとすると 

トラックが通る振動、ごみ収集車のゴミ回収音、

救急車のサイレン、工事現場の音などなど

f:id:forestside:20190809172324j:plain

さまざまな生活音が突然 入り込んできます

 

f:id:forestside:20190809172315j:plain

 

でも、ほとんどは 通り過ぎるのを待てば

なんとかなります

工事の音も 昼休みの1時間は静かだったりします

 

ところが

8月になって どうしようもできない雑音が

1日中続くという とんでもな事態が発生しています

 

きっと9月半ばくらいまで続くはず

 

f:id:forestside:20190809172341j:plain

 

セミの鳴き声です

 

朝早くから ひたすら 休みなく

ジージー ミンミン ツクツクボーシ

こんなのどうしたって マイクに入ってきます

(家の隣は公園)

 

仕方ないので 夜中 録音することに

 

生活リズム だだ崩れです

 

3月から宅録をスタートしたので

セミの声が こんなにも入り込んでくるとは

想定していなかった

 

ナレーションの納品が ずれ込むずれ込む

 

ツイッターで読んだ一句

 

f:id:forestside:20190809172335j:plain

音の波 かすかにしみいる 蝉の声

 

 

夏の間の宅録は きびしい〜〜〜〜〜